LOADING...

ゆるやかな縁で
みんないっしょに
いのちが助かる未来へ

VISION

災害が起きても
ゆるやかな縁でみんなのいのちが助かり
まちが早く日常に戻れる未来を実現します

「知らない」ことで、
失われてしまうかもしれないいのちがある

2018年7月7日。
優しい川が家を飲み込むことがあるなどと、西日本豪雨のあの日
まで想像していませんでした。
浸水直前、病院の3階に避難し命拾いしたものの、
事前にハザードマップを確認したことはありません。
被災後、住まいに隣接するお寺さんの石碑に刻まれた明治26年真備大洪水の伝承、
繰り返し起きていた水害の歴史について知りました。

知ることは怖い。
でも「知らない」ことで、失われてしまうかもしれない、いのちがあるのです。

まちの風土を知り、縁をつなぐことで、
コミュニティの力を取り戻す

多発する自然災害は、日本全国どこで起きてもおかしくありません。
もしもの時に備え、助け合わなければいけません。

土地の記憶、伝承、地形を学び、知ることから始まります。
みんながまちの風土を学び知恵を出し合う。また、地縁血縁に頼りにくい人口減少
社会では、ゆるやかな縁がケアを必要とするいのちを守ると考えています。
もしもが起きてもコミュニティの力を取り戻せるまち、早く日常に戻れる未来を
めざして。

EnPalは思いを同じくする仲間と手をつなぎ、いっしょに進んでいきます

WORK

  • はじめての防災

わたしたちは水の恩恵をうけ、水とともに暮らしてきました。
日本は山と海の距離が近い国土です。そのため山の源流から下る流れは急で、
いつもは麓で穏やかな川が大雨で暴れることがあるのです。

はじめての防災は、身近な家のまわりを知ることから始まります。
EnPalは子どもたちと地図データで地域を学び、持続可能な未来を考えます。

防災啓発映画鑑賞

ともに感じる

防災啓発映画鑑賞

©いつか君の花明かりには製作委員会

子ども防災マイマップづくり

ともに考える

子ども防災マイマップづくり

©一般社団法人 データクレイドル

地域に合わせたオリジナル企画

ともに備える

地域に合わせたオリジナル企画

パンフレット

詳しくはこちら▲

  • 防災研修・セミナー
  • 防災計画調査
  • 商業施設コンサルテーション

NEWS

  • 2022年1月26日から始まるSC BUSINESS FAIR2022 発見マルシェに出展いたします。

    大会3日目のセミナー主催者企画⑥「SC業界におけるキャリア形成と支援策の今を問う」の司会役を務めます。

  • 2022年1月1日 山陽新聞
    地域経済座談会
    「成長の原動力DX 岡山県内企業模索」

    新春の地域経済座談会に代表金藤が招かれました。
    先端技術で社会や産業に変革を起こすDXが注目を集める中、2018年の西日本豪雨で被災した真備町の避難所にシャワーを設置したWOTAの技術を、水のDX事例として紹介しています。
    環境や災害の問題は、民間と行政が一緒になって対応する必要があると訴えています。

  • 2021年12月3日 法政大学キャリアデザイン学部

    キャリア体験学習「SCおよび流通業の現状~アフターコロナ、人口減少時代の商業~」と題する講義を2回生の学部生に対して行いました。

  • 2021年11月29日 FDK presents ソナエルRadio

    横浜市青葉区のコミュニティFMであるFMサルース84.1MHzに出演しました。
    日常生活の中で、「普段から気軽に取り組める災害への準備」について語るトーク番組です。
    EnPalの名前の由来、10月31日に行った南町田グランベリーパークの防災イベントや逗子市にある中学校の防災まち歩きについて、また発災時に役立つWOTAのシャワーについて紹介しました。

  • 2021年11月2日 山陽新聞
    地方経済
    「防災マイマップ」作成 EnPal 東京で啓発行事

    10月31日、南町田グランベリーパークで開催された「みんなで学ぼう!まちの防災2021」についての記事が掲載されました。
    西日本豪雨被災をきっかけに設立したEnPalが、大型商業施設での防災イベントを初めて企画・運営したものです。

  • 2021年10月14日
    「南町田グランベリーパーク みんなで学ぼう!まちの防災2021」に関するプレスリリース

    協力会社としてEnPalも紹介されました。

  • 2021年08月22日 山陽新聞
    復興支援シンポジウム
    「紡ぐ記憶―晴れの国から未来へ送るメッセージ」

    令和3年夏季も線状降水帯が発生し、顕著な大雨により全国で豪雨災害が
    相次いでいます。
    被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

    多くの犠牲者を出し、平成最悪の水害と報道された西日本豪雨から3年。
    西日本豪雨は気象庁が初めて温暖化の影響に言及した災害でした。
    7月20日に山陽新聞社主催のシンポジウムが開かれ、復旧・復興状況や
    地域防災について有識者が意見交換し、代表金藤が登壇しました。
    地域の災害の歴史や地形リスクを小中学校で学ぶ提案や地域防災、
    企業の発災時協力支援など、ソフト対策について発言しています。

  • 2021年06月05日 創立1周年記念 ご挨拶

    本日、コロナの時代に産声をあげたEnPalは創立1周年を迎えました。

    この1年間を振り返ると、水と防災だけでなく、水とまちづくり、水と公衆衛生、水とSDGs・・・と新たなネットワークや視座を養うことができました。

    「水」って深いなあ、いつまで経っても「無知」が無くなる日は来そうにないなあ
    そう思うと、へこむだけです。

    知らない自分と向き合って、知る前の自分=災害や水の課題に関心がないひとびとに、
    そなえることの大切さを伝えていくことがEnPalのミッション!

    2年目のEnPalは、思いをカタチにすることに全力疾走します。
    ご支援、ご指導よろしくお願いします。

    株式会社EnPal
    代表取締役 金藤 純子

  • 2021年05月28日 就活コラム「私の人生航海日誌#11」

    学生たちが作った岡山の就活ポータルサイト『就活TV』に、代表 金藤純子のコラムが掲載されました。
    就活という初めての経験を怖がらず、ひとつめの縁に気づいてほしい、とコロナ下の就活生へ応援の気持ちを込めています。

  • 2021年05月13日 キャリア研究会
    オンラインセミナー「知られざる水害被災」

    代表 金藤純子がオンラインセミナー講師を務めました。
    「知られざる水害被災」と題し、
    ①水害被災すると何が起きるか
    ②増加する都市の水害、水没
    ③都市で働き、実家は地方
    ④コロナ禍の帰宅困難と在宅避難
    についてお話をしました。
    セミナー内容のサマリーや受講者の声が、キャリア研究会HPに掲載されています。

  • 2021年03月07日 山陽新聞
    「あす国際女性デー 変化は好機 挑戦を」

    3月8日は、ジェンダー平等の社会実現に向けて、国連が制定している『国際女性デー』です
    男女雇用均等法1期生であり、2020年に起業した代表金藤が、地元山陽新聞社より取材を受け、ロングインタビューを掲載いただきました

  • 2021年02月14日 産経新聞
    「【復興日本】東日本大震災10年 第2部 教訓(3)供給網、より多く太く」

    東日本大震災10周年を迎える前に、サプライチェーンの強靭化に取り組む企業事例を紹介する特集記事において、『生きたBCP』の重要性を説く代表金藤のコメントを掲載いただきました

  • 2020年12月23日 三鷹中央防災公園・元気創造プラザホールにて
    マイマップ&いつ花プロジェクト

    「親子で感じて知って備える」防災イベントを行いました

  • 2020年11月26日 法政大学 キャリアデザイン学部

    キャリア体験学習「アフターコロナ、人口減少時代の商業」と題する講義を行いました

  • 2020年11月19日 立命館大学 経営学部

    専門演習「アフターコロナ、人口減少時代の商業」と題する講義を行いました

  • 2020年11月18日 静岡新聞

    新静岡セノバにて開催された大規模災害セミナーの記事が掲載されました

  • 2020年11月17日 新静岡セノバにて大規模災害セミナー開催

    「防災からみた商業施設とまちの関わり」をテーマに仙台ターミナルビル エスパル山形店長 大村信裕氏とEnPal代表 金藤純子が講演を行いました

  • 2020年10月号 株式会社東レ経営研究所 経営センサー

    視点・論点「災害時いのちが助かるまちづくりへ」掲載されました

  • 2020年07月05日 山陽新聞

    西日本豪雨 「真備に防災の新会社発足」についてインタビュー記事が掲載されました

  • 2019年02月28日 建設通信新聞

    「春の建築物防災週間」特集に掲載されました

  • 2018年06月06日~07月25日 山陽新聞にコラム「一日一題」を執筆

    7月11日第6弾以降の3回は、西日本豪雨災害における金藤の被災経験を掲載しておりますのでぜひご覧ください。
    ※所属、役割等は、取材当時のものです。

COMPANY

株式会社EnPalたくさんのEn〈縁〉で今日があることに感謝し思いを同じくするPal〈仲間〉とチームをつくってよりよい明日をめざそうとこの名をつけました

岡山オフィス

〒710-1313 岡山県倉敷市真備町川辺1157-1
E-mail:info@en-pal.co.jp

東京オフィス

〒107-0061 東京都港区北青山2-12-22 青山テラス301号
FAX:03-3470-2711
E-mail:info@en-pal.co.jp

代表者プロフィール

金藤 純子Junko Kaneto

金藤 純子

株式会社EnPal 代表取締役
倉敷市真備町出身。神戸大学法学部で国際関係論を専攻。
JTBで情報企画室、マーケティング室主任研究員を経て、流通小売業向けパッケージシステムの開発会社へ。2007年より専務取締役として流通小売業、商業施設のCRM、出退店動向分析に従事。西日本豪雨で自宅が全壊した経験をきっかけに2020年6月EnPal起業。
防災士/災害備蓄管理士/SC経営士

CONTACT